2005年10月27日

お〜まいが〜〜!(おいらの川崎感)

夕べは、キックボクシングで汗を流した後、11月2日にイベントを行う川崎のクラブチッタ ラウンジバーATTICへ打合せに行く。

家から車で20分くらい。
かつて住んでいた場所なので、非常にお気軽。まあ、川崎って言うとちょっと“がさつ”っていうか、ゴミゴミした印象があると思うのだが、それは南部の方。

川崎市って南北に長細くて、南部・中部・北部と分かれている感じなのだ。南部はご存知の工業地帯を中心としたゴミゴミした印象の地域。ここがある意味、「川崎」を象徴している。

中部は、僕が住んでいた武蔵小杉や溝口を中心とした、中級の住宅地。昔ながらの大きなお家も多いけど、マンションもラッシュ。最近、この辺りに大手の企業がゾクゾクと進出しているので、ちょっとしたIT企業工業団地っぽい雰囲気。

そして北部は、たまぷらーざや新百合ヶ丘といった、新興の高級住宅街。あまり歴史はないけど、東急や小田急が頑張って作った“高級感”で、何となくそんな感じの街並みになっている。でも、ちょっと奥に入ると、タヌキが出るような「田舎」だ。

あ、全然話がそれた。

そうそう、クラブチッタに行ったのだ。そこでKura2さんやアンドレスと挨拶。従業員の男の子と軽く打合せをして、来週のライブに備える。

あれ?話はもう終わっちゃった…。これだったら別に電話でも良かったかな…。何か「ここに来なきゃ!」と思っていた理由があったはずだが…???




お〜まいが〜〜!!

折角、慌てて作ったフライヤー、忘れてきた! く〜〜〜!何たるドジ! 頭がくらくらしてきた。
何のためにわざわざ川崎くんだりまで来たんだ〜!

おまけに、車で行ったにも係らず、何気にビール頼んじゃった。あ〜あ、飲めないよね、これ。

あまりに悔しいので、帰りにドンキーに寄って怒りの買い物!
まあ、ちょうど嫁さんの誕生日プレゼントも買うつもりだったから、たまにはノンビリ、見て回ろう。
危ないんだよね、ここ。そんな感じで、ついついいらない物まで買ってしまう…。気をつけよう。

っというわけで、また今日、もう一度、ATTICに行ってこよう。雨が上ってたら。
サルサじゃないATTICって、始めてかも。
posted by Mart at 12:45| 東京 ☔| Comment(31) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近、またキックボクシングに…

最近また、キックボクシングに目覚めてます。今日もジムに行ってきちゃった。
昼間、サルサエクササイズには行ったけど、なんかやっぱりちょっと物足りない。なんかやたらに“蹴りたい気分”!(笑)
そう、特に今回は“蹴りたい”のだ。

パンチには結構自信があるのだが、キックは今一つ…。だから今回は「キックも得意だぜ!」と言えるようになるまで、蹴り込みをしたい。サンドバックを蹴りまくる。右を50回、左を50回、さらにローで早く40回(左右)。

キックでの僕の武器となっていた蹴りは、やはり右ミドル。これを脇腹に叩き込むと、普通のレベルの人は、大体うずくまる。
でも、これがナカナカ当たらないんだよね。まあ、相手もバカじゃないから、ボーッと待つ訳はないんだが、それにしても、当たらない。

だから、ついついパンチに頼ってしまう傾向があった。

もっと“当たる蹴り”を…!密かに心に抱いていた欲望だったが、ここへきてようやく、光が見えてきた。
一つはティープ。前蹴りだ。これは左足の“ジャブ”程度の物から、右足の“ストレート系”のものまで、結構使えそうな気がしている。
さらに最近、前蹴りと見せかけての横蹴りを練習し始めた。

元から「なぜキックボクシングでは“横蹴り”を使わないのかな?」と思っていたのだ。横にした方が、リーチがのびるのだ。後は帰ってくる事を考えれば良いんじゃないかと…。どうだろ?

後は、もう一つ、昔から結構得意で、シェイプリーキックの自分のコリオの中にも良く入れている“技”があるのだが、これを実戦に使っても良いのじゃないか、と思えるものがあり、これを磨く事を行いたい。

そのためには、ちゃんとした防具を買わないと。今の物はかなり痛んでるし、まじめにやるにはちょっと柔い。もちっと、カチッとした物を買おうと思う。さらには、膝や内股を守れるプロテクターも買わないと。

後、マウスピースを自分の歯形に合う物を買おうと思う。

まあ、全部買っても1万円なので、安いもんだ。

さてと、しばし自らと向き合う時間を作ってみよう。
posted by Mart at 12:39| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松屋とよし牛

今日は三宿まで昼飯を食いに行く。と言ってもわざわざ行ったわけではなく、通りがかりに急いで飯を食いたかったのだ。

三宿の交差点には、三茶寄りに“よし牛”、池尻寄りに“松屋”があるのだが、ここで、両者の差がハッキリわかる。

とにかく、よし牛は酷い!「遅い、不味い、高い」の三拍子揃った最低の店。店員3人も処理能力が無くて、豚丼並盛を頼んでも5〜10分くらい待たされる。しかも、不味いし、お茶も小便みたいな色で、飲む気がしない。

対して対面の松屋。結構混んでいる時間に行っても、豚丼並盛は1分とかからない。早い!美味いかどうかは、あまり大きな問題ではないのだ。吉野家よりも味噌汁が付く分、値段は安い。

そして、今日この店に行った時に発見した新メニュー「豚てき定食」。何となく“音”に引かれて注文してみた。「少々お時間いただきます」と言われてちょうど5分で出て来た。ここにしては時間がかかったが、よし牛よりははるかに良い。

で、出て来て驚いた。肉厚のポークソテーがきっちり2枚、乗っている。食べてみて、お肉も結構軟らかいので、またまたビックリ!これで590円?企業努力の跡が見られる。偉い!

企業としても、松屋は非常に豊富にメニューがあり、しかも新メニューがゾクゾクと出てくるので、いつも感心する。
僕は多くても月一くらいしか行かないけど、行く度に何かしら新しい発見があるし、適当に空いていて、値段もリーズナブルなので、安心して入れる。

アメリカからの牛肉輸入が止まり、TVに出る度に“泣き言”ばかり言っている吉野家の社長とは、全然姿勢が違う事をうかがい知れる。

まあ、いろんなご意見や好き嫌いはおありでしょうが、「企業」としての吉野家を冷静に見た場合、ほとんど「死んでいく」運命なんだろうなと思う。

もうすぐ、牛肉の輸入も再開されるが、再開されたとしても吉野家の株が高騰するような事はないだろう。
posted by Mart at 12:33| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/2川崎クラブチッタ・サルサイベント



最近は、大手町のみならず、こんなイベントにも係ってます。

サルサイベントって、自分で“ノー天気”に踊っているよりも、いろいろな想像力を刺激してくれるので、かなり楽しいです。緊張感もあるしね。

今回は、ラテン歌手の「TAKUMI」さんをフィーチャーして行います。アンドレスのミニレッスンもあって、お値段わずか1000円ポッキリ!

場所も、川崎の新名所「クラブチッタ」のバーラウンジ「ATTIC」です。細長いけど天井が異様に高くて、かなり開放感のあるスペース。ライブはなんと“中二階”で行われます!

結構、新しい試みだと思いますので、お暇な方は是非、お運びください!


★☆ ちった de サルサ ☆★

☆★ The cosmic space=CLUB CITT 'A' TTIC ★☆
日時:11月2日(水)21:00〜late
*通常アンドレス・レッスン有り
場所:アティック( CLUB CITTA' 2F )
   http://www.clubcitta.co.jp/
  *TOP画面に掲載
料金:1000円(with 1 drink )

出し物
 ライブ:TAKUMI
 MINIサルサレッスン:アンドレス
 DJ :Kura2 & momo & Halo

コーディネイト:MOTOKA ( Ms Projects )
  *問い合わせ:070-5551-9875

posted by Mart at 12:22| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

素晴らしい“暗闇”の世界(Dialog in the Dark)

DIALOG IN THE DARK(ダイアログインザダーク)に行ってきた。
お友達に予約をとってもらって、昨日のお昼に行ってきた。
http://www.dialoginthedark.com/contents/

ここは、一言で言うと「全盲体験」ができる場所。
全盲体験といっても、アイマスクをかけてその辺を歩く、みたいな擬似的なものではなく、スペース自体が一切光のない場所で、その中に普通の世界がある(らしい)。それを、白い棒で床の状況を探りながら、ガイドの“声”の方向に歩いていく、いろんなものに触れ、臭いや風を感じながら、普通の1/3くらいの歩幅でおっかなびっくり歩くのだ。

最初は、怖い。

でも、ある事に気がついた瞬間、恐れはどこかに吹き飛び、この空間を楽しめるようになった。自分でもビックリするくらい、すてきな世界が、そこにはあった。

何と言っても、全部を自分でイメージできるのだ。そこにある物も、色も、形も、全部自分の好きなように思い浮かべればよい。

周りの人たちの反応も、面白い。自分が見つけたもの、感じた事を、自分の言葉で伝え合う。自分が見つけて自分が感じた事を、別の人がその人の言葉で語ると、また違ったイメージが広がる。

「目で見ない」という世界は、こんなにも“クリエイティブ”なのか!

ここは、全盲者の気持ちになって世の中の悪いところを正そう!なんて、そんな陳腐なお題目とは全然無関係。ものすごく影響の大きい「視覚」というインフォメーションを敢えてカットして、その他の感覚だけで生きてみる事が、かなり“刺激的”な世界だって事がよくわかる。

ずっと以前、MTVが出始めた頃、アーチストが一斉にPVを作り、僕らも必死になってそれらを集めていた。だから当時の音楽を聴く度に、彼らの動いているイメージがパッと出てくる。というか、それ以外のイメージが広がらない事にある日ふと気がついて、それ以来、PVを見なくなり、CDを真剣に聞くようになった。

やはり、視覚に支配された生活から、一瞬でも抜け出す(しかもかなり“強制的に”)事は、意外に、そして非常に楽しい!
結構、癖になりそうだ。
posted by Mart at 18:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

唯一無二の存在

23日の金曜日、横浜にパフォーマンスを見に行ってきた。

「体感アーチスト・立松正宏」と言う方だが、“ザイラ”という手作りの可搬式の木琴を中心に、様々なパーカッション(民族楽器)を使用して音楽を演奏する。とても「一人で演奏している」とは思えない、圧倒的な“音”がそこにはある。

それは、「音楽演奏」と言うよりはむしろ、「パフォーマンス」に近い。誰にも真似の出来ない、「唯一無二」の音楽を奏でる人だ。

ザイラは音域が狭く、曲ごとに鍵盤を変えるような作業が必要だが、そのためには豊富な音階についての知識が必要だ。

また、凄まじく複雑なリズムを、左右の手足を縦横に使って叩き分けるには、やはり豊富な知識と技術が必要になる。

どちらかに秀でた人は、見たことがあるが、その両方にこれだけ通じた人は、僕はいまだかつて見たことがない。勿論、●●音楽大学の教授、みたいな人だったら知識として知ってるかもしれないが、それを利用して自由自在に音楽を演奏する、となると、無理でしょうね。

と言うわけで、非常にマイナーな存在ではあるが、こんなアーチストも日本にいるって事を知ってもらいたいものだ。


彼は、東京都公認の「ヘブンアーチスト」と言う肩書きで、天気のいい日は大体「上野公園の東京都美術館」の近所でパフォをしている。是非是非、見に行って欲しい。
posted by Mart at 00:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

J-NETの試合を見に行った!

まあとにかく、くしゃみは止まった(みたい)。

でも、相変わらず今週は忙しい!今日も朝からドタバタとしているうちに午前中が終わってしまう。
何しろ2日足りない上に、半期の〆や10月から始まる新しいサービスへの対応協議、情報収集、制作、媒体購入(調査・交渉)等々、なんで?って感じの仕事までこなしている。
やれやれ…

しかも、最近新商品の取材対応も入って来て、出歩いたり打ち合わせをしたりする時間も多くなった。

更に、他のクライアントも…、と、ぼやいていても始まらない。

水曜日は、「大手町 de サルサ」や「川崎アティック」のラテンタイム、古くはムリウイのサルサレッスン等があり、それで無くても、忙しい日だったが、今日は、その関係が何もない。

でもこの日は、いつもお世話になっているキックボクシング・ジム「J-NETWORK」の興行がある。
http://www.kickboxing.co.jp/ACTIVE-J/index.html

後楽園ホールだし、水曜日だし、それに今回は、J-NETのエース“西山 誠人”選手が、なんとWFCA世界ライト級王座の世界タイトルに挑戦するのだ!
http://www.geocities.jp/kick_nishiyama/
同じジムに「キックボクシング世界チャンピオン」がいるなんて、ちょっと嬉しいじゃない!? 彼には是非、頑張ってもらいたい!

今週月曜日の僕のシェイプリーキックレッスンのストレッチの時間だけだけど、この西山選手、参加してくれたのだ〜♪ 世界戦を前に、少しはお役に立てたかな?

今回は、マジに応援に行こう!と心に誓ったのは言うまでもない。

彼の試合はメインイベントだから、多分8時半くらいからになるはずだが、折角なら早めに行って、他の選手の試合もみたい、ということで、6時ちょっと前に会社を出て、後楽園ホールについたのが6時20分ごろ。

そこから様々な試合が行われている。みんな、必死だ。
どんな形にしても、自分の最大限の力を発揮しようと、力が入る。みんな、がんばれ!
僕には、その“四角いジャングル”に上がってく勇気はない…。

最後の試合が、西山選手とカリム・エル・オスロウティ選手が「世界王者」の座をかけて戦う世界選手権だ。うやうやしくセレモニーが展開する。延ばす延ばす…(^_^;;;。

試合が始まる前、国歌斉唱の時、「きみがよ」を聞く西山選手は非常に落ち着いて、目を閉じていたが、対するカリム選手は、オランダ国歌が流れているにも関わらず、うろうろしたり、シャドウしたり、しまいにゃロープを叩きだす。??なんか落ち着きの無い変な奴だ。

身体つきも、西山選手の“いい身体”に比べ、彼は細くて心もとない感じ。どうだろ、この試合、軽〜く勝てるんじゃない?

試合開始!1ラウンドはお互い様子見か、と思いきや、西山選手が積極的にローキックを中心にドンドン前に出て行く。最初からいいペースだ。

彼のローは、斜め上から打ち下ろす感じのローなので、非常に痛そう…。太ももをへし折る感じ。これが面白いようにヒットする。

この辺りで、レフェリーが試合を止める。ん?どうしたの?カリム選手、コーナーでセコンドに鼻をかんでもらってる。??そんなので試合、止まるの?
こんな光景が都合4回程…。そんなルールあったっけ?途中で休んでいるようにしか見えないが…。

しかし、それでも西山選手の猛攻は続く。彼の良さは、攻撃が1つで終わらない事。パンチで攻撃して、必ず最後はローやミドルを蹴る。これが非常に的確でシャープなため、相手はたまらずクリンチに逃げる。

キックボクシングの場合、「首から膝」という攻撃があるので、下手にクリンチをしようとすると、首相撲に持ち込まれてしまう。
しかしこの選手、やたらクリンチをする。最初は遠慮してそれ以上攻めなかった西山選手だが、途中から、構わず膝を入れ始める。
この攻撃が、最終的には勝負を決める事になる。

結局、レフェリー(オランダ人)の変な“休憩時間”にも関わらず、最後はきっちり、膝でダウンを奪い、The End!!(ほんと、ヨワッチかったぜ)

西山選手、オメデト〜〜!!(^o^)/〜〜
見事見事!KOで世界タイトルを奪取したのだ!
いや〜、気持ちよかった!

今日は、J-NETの選手がぽろぽろ負けていたのでちょっと腐っていたが、もう、気分は最高!Sky Hight!!だ。

久々に観戦したキックボクシングだが、やはり“過激”な遊びだね。友人で42歳のとある会社の部長さんが、10月にアマチュアの試合に出てみるそうだ。さ〜て、どうなるんだろう?

僕もしょっちゅう言われる。「なぜ、試合にでないの?」

え〜?! だって、痛そうだし、怖いし、何より“ハマっちゃったら”やばいでしょ?

そうそう、さっきのジムのサイトを探すと、僕の“もう一つの別の姿”が出て来ます。
興味のある方、探してみて!
posted by Mart at 00:06| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

からだデザイン

僕は、デザイン系の仕事“も”している関係上、やはりある程度“こだわり”を持って取り組む事もある。

イントラ仕事も兼ねて、身体のデザインにはうるさいぞ。

出るとこでて、引っ込むとこ引っ込んでないと、気に入らない。下手すると、その人の全てを否定しかねない…(^_^;;;。危ないね。

もちろん、当然、自分にも厳しい。自分で出来ないと、人には言えないからね。

で、今年の目標は、「見せられる背中」だった。懸垂嫌いで一時挫折状態だったが、最近漸く自信が付いて来た。
何が難しいって、背中は自分では見え難い。とても、見え難い。だから、あまり興味の対象にならず、“胸”のトレーニングに走ってしまうのだ。

でも、何とか、最近少しは自信が出て来た。

ダンスをやっている人は、結構いい身体つきをしている。ダンスと言う、総合的な運動能力が求められる種目をやると、適度な筋肉と、部分痩せの効果も期待出来るようだ。特に、“腹”と“腕”“足”については、顕著。

8月11日に大手町サルサに出演した「ムチャチャ」という女性だけのパフォは素晴らしかった。何せ、みんなスタイルがよい。
お腹がみんな、割れている。女性でも、かなり腹筋は出るのだ。

僕は腹斜筋を鍛えすぎて、ウエストのくびれがイマイチだが、彼女達の腹筋は、完璧だった。

でも、多分彼女達は、特別な腹筋の筋トレをしているわけではないだろう。普通に、踊っているだけだと思う。

キックボクシングにしても、ダンスにしても、キチンと練習していれば、自ずとその体型になって行くものだ。要は、どれだけ真剣に打ち込むか、の差だとおもう。

女性の皆さん、諦めては行けません!
身体は、自分でいくらでもデザインできるんです。多少時間はかかるけどね。でも、飽きず、諦めず、長く続けて行けば、必ず願いは叶うんだ。保証します。

身体の話を、これからもしていこう。
posted by Mart at 22:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トラックだけの街

大手町でミスって、バイクのバッテリーを上げてしまう。

ブルー入って帰宅、バイク回収計画を練り、JAFに入会。翌朝大手町にてロードサービス。うそのように簡単に終了。やれやれ…。

でも、このままではバッテリーは十分回復していないので、1時間くらいは走り回ってくれ、とのご指摘。仕方なく、ミニツーリングを開始する。

大手町から、東京駅の横を抜け、昭和通。東銀座で左折。築地交差点を右折して、湾岸通りへ。そこからレインボーブリッジを目指して走り出す。そのまま、羽田方面に抜ける予定。

レインボーブリッジは、平日の午前中という事で、お仕事の車ばかり。トラックやトレーラーが多く、快適には走れない。

橋を渡りきり、そのまま直進して、高速の下を抜け、フェリー埠頭側にでる。ここで左に曲がるとビックサイトなのだが、右折して青海方面に。

ここに地下道があるのは知っていたが、行く機会がなかったので、是非走ってみたかったのだ。このまま、平和島・羽田方面に抜けられるはず。

と、この辺りから、トラックの量がドンドン増え、ほぼ僕以外周りは全部トラック!

海底トンネルを抜け、青海の倉庫街に入る。

もうここは、完全に「トラックの街」。乗用車は勿論、バイクなんて皆無。すごいとこに来ちゃった…。
しかも、大型トレーラーやダンプトラックなど、ばかでかいのが多く、それが大渋滞なのだ。

一瞬、ここから先に進むのを止めようかと思うくらいの迫力に圧倒されたが、気を取り直して先へ進む。トラックの間をすり抜けすり抜け、前を目指す。幅1mくらいの“壁”が立ってる感じ。しかも微妙に動くし。

トンネルは更に続く。青海から平和島に渡るトンネルだ。息が出来ない…。早く抜けたいが、壁が…。ちょっとパニック。

なが〜いトンネルを抜けると交差点があり、更にトンネル。
この辺りは大分トラックも減ってきた。やれやれ…。

そのまま羽田方面に直進し、漸く東京青果市場にたどり着く。海岸通と合流。この辺りで11時45分くらい。そろそろ都心方面に向かわねば。

海岸通を新橋方面へ。天王洲を抜け山手通りを北上する。12時前後に目黒区東山に到着。

やれやれ、きっと顔は真っ黒だろうな…。もう二度と通りたくない道だった。金がかかっても、次は首都高に乗ろう。
posted by Mart at 22:28| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

くしゃみ百連発!

この連休、よく遊んだせいか、
夕べは、キックの練習から帰ってきたら、目の周りがパンダ状態。「あや〜、今日は早く寝ないと…」と思う間もなく、飯食ってビール飲んだら、気を失った。

気がつくと、居間の床で大の字になって寝ていた。板の間なので、頭や腰が痛い。時間は午前4時…。う〜ん、いかん、こんな所で4〜5時間寝ちゃったことになる。

風呂入って、ちゃんと寝ようとごそごそしてたら、すぐ5時になっちゃった…。

朝、いつものように8時に目覚まし。でも、全然起きれない。そのままウダウダと30分ほど。8時半過ぎに漸く起きるも、体調最悪!身体も節々が痛む。家を出ようとすると、見計らったように雨が降り出した(;_;)。

まあ、とにかく小雨の中、バイクで出社。新しいバイクは、雨が降ると下半身がびしょびしょになることが判明。ズボンがしっとり濡れた。


午前中はそれでも忙しかったのであっという間に過ぎた。昼休み、いつものように爆睡するも、頭はまだボーっとしている。
それより何より、ハナがむず痒い。くしゃみ、一発。間をおかず二発、三発…、止まらない。

恥ずかしいくらいに連続で出る。僕の周りは、つばきでビシャビシャ…。あちゃ〜、相当やばいわ。

午後も外出の予定があり、バイクで恵比寿へ。また、小雨に降られる。ハナが一層、グジュグジュしてきた。

打ち合わせ中も、くしゃみが出そうで、全然集中できない。周りの人も、最初は「大丈夫ですか?」などと心配してくれるも、あまりに止まらないので、最後は迷惑顔…(^_^;;;。

しょうがないじゃん!僕だって止めたいさ!

帰社途中も、やっぱり雨降り。道路の状況からすると、降り出したのは少し前みたい。あ〜、雨に降られまくってる。また、ズボンが、濡れた…。

会社に帰って、部屋に入ると、ズボンの濡れたところが冷房で冷え、益々状況は悪くなる。
あ〜、なんか悲惨だな〜。しかも、この後「宣伝会議」。僕が大活躍する時間なのに、テンション下がりっぱなし。



んが〜、すびばせん。

今日はもう帰りばす。

Reiko先生、ごべんなさい。

Kura2さんも、また今度。

命のあるうちに、僕は帰って寝ます。

あ〜めん。
posted by Mart at 22:25| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。